Home > 分散について > 分散とは

 : 分散とは

分散とは

分散とは...

相互に相混じらない二つの物質の一つが、目に見えないほどの小さな粒子として他の物質中に均一に存在することです。
分散は物質を均一化させることが最大のテーマになっています。

なぜ分散させるの?

分散させることによって、製品時の強度、質感、色といった安定供給を目的とした製品や、より高いクオリティの製品をつくりだす時にメリットが生まれます。
また、サンプルを破壊せずにナノレベルの分散ができることもメリットに上げられます。

どのような時に必要とされ、また利用されているか?

分散はセラミックや金属粉体などの均質化や、塗料や接着剤の安定化などに用いられます。
均質化されていないと、固体にした時に強度が減ってしまったり、質感が違ってしまったりします。分散させることで、より密接に物質同士が接合し強度を増し、質感も安定させることができます。
塗料や接着剤では均質化されていないと、色むらがでたり、質感が違ったり、接着強度が減ってしまったりします。
こちらも分散させることで、色むらを無くし、質感の安定、接着強度の増加させることができます。
近年、液晶ディスプレイ用のカラーフィルターなどにも応用され、透明性をあげる為に利用されています。
また、二次電池の分野でも正極材料に利用され、今後の需要が増加することが見込まれています。

金属

塗装

このページのトップへ戻る