Home > 乳化について > 圧力式ホモジナイザーラインナップ:ラボタイプ > LAB1000/2000

圧力式ホモジナイザー:ラボタイプ

圧力式ホモジナイザー> ラボタイプ

研究開発・少量生産向けのコンパクトなラボタイプ

圧力式ホモジナイザー ラボタイプ

LAB1000/2000

LAB1000/2000

写真はLAB1000・2段式

乳製品、食品化学、製薬、化粧品、バイオテクノロジー分野の研究機関を特に対象として開発したコンパクトで汎用性のあるラボ機です

使用条件により最大圧力1,000bar、処理量22L/hのLAB1000と、最大2,000bar、処理量11L/hのLAB2000の2種類のラボ機を用意しています。このラボ機での乳化・分散、細胞破砕の結果は、量産機で完全に再現可能です。しかも、実験室内においてLAB1000は最高圧力1,000barまで加圧でき、わずか150mlの試料でテストが可能です。LAB2000においては最高圧力2,000barまで加圧でき、100mlの試料でテストが可能ですので多品種のサンプリングが低コストで行えます。LAB1000・LAB2000を使用する事により既存製品の改良、新製品の開発を推し進める上で必要な、均一で微細な平均粒子径の乳化、分散が可能になります。

  LAB1000/2000
圧力式ホモジナイザー ラボタイプ
型  式 LAB1000/2000
処 理 量 LAB1000 : 22L/h   LAB2000 : 11L/h
運転圧力 LAB1000 : 1000bar(MAX)  LAB2000 : 2000bar(MAX)
モーター TEFC 3kw
電  源

AC200V 3相  50/60Hz ※400Vも可能

12A

その他仕様

プランジャーパッキン材質:PVDF/EPDM
Oリング・バックアップリング材質:EPDM/POM
ポンプバルブシート材質:タングステンカーバイド(標準)
ポンプバルブ材質:コバルトベース超硬材
プランジャー・均質バルブ・シート材質:セラミックス(標準)
デジタル式圧力計(温度表示機能付き)付き

添付資料

他種多様なオプション部品(application/pdf:346.4 KB)

LAB1000/2000

LAB1000/2000

このページのトップへ戻る